本文へスキップ

〒496-0853 愛知県津島市宮川町3-80

TEL 0567-28-4158  FAX 0567-28-7196

学校評価

平成28年度 学校評価


  平成28年度 関係者評価委員会資料(PDFファイル)

本年度の重点目標 確かな学力と逞しく生きる人間力の育成
(「校訓」知・仁・勇の推進−文武両道−)

項目(担当) 重点目標 具体的方策 留意事項
総務内規の整備
(総務)
・総務内規の整備 ・内規の内容が、現状と合わない部分を洗い出す。
・現状に合う内規に変更する手続きを行う。
・庶務部、各分掌との関連に注意しながら、連携して進めていく。
教育活動の充実(教務) ・アクティブ・ラーニングを意識した授業の展開
・技能審査の成果の単位認定
・生徒が主体的かつ探究的な学習活動を授業で行うことができるように配慮する。生活と学習のアンケートを実施し、職員が授業の内容を検証する機会をもつ。
・実用英語技能検定の合格やTOEICのスコアによる単位認定が昨年度から行われた。申請が確実に行われるように工夫をするとともに、技能審査に積極的に取り組むことができるような環境作りをする。
・生活と学習のアンケートでアクティブ・ラーニングが授業で行われているか確認する。生徒が積極的にアクティブ・ラーニングに取り組んでいるかを把握する。


・合格者や得点の取得者が確実に申請をするように配慮をする。技能審査に積極的に取り組むことを促す。
帰属意識を高める指導の充実


交通マナーを守る教育の充実
(生徒指導)
・津島高校の一員としての帰属意識を高める指導
・交通安全指導
・学警連携による指導
・HR活動や学校行事で生徒一人一人の役割を明確化する。
・自転車200日間3ないラリーに参加する。
・交通立番指導を実施する。
・日常の声がけを通して、意識を持たせる。
・他人を尊重する態度を育成する。
・教員間の意識・情報を共有する。
・自転車の並進をさせない。
・機会をとらえた指導を実施する。
進路指導の実践
(進路指導)
・進路指導計画の整備
・学力向上を図る体制の整備
・キャリア教育の充実
・学年進行に合わせた、進路指導計画を立て、学年と共に実施していく。
・PTA学習委員会と共に、土曜学習会、補習等を行っていく。
・外部講師を招いての講演会など、計画的なキャリア教育を行う。
・進路希望調査を定期的に行い、実態を把握する。
・補習・土曜講座などの計画を立て、授業内容を補うなどして、学力の向上を図る。
・自らの進路を考えるために必要な資料や学習の機会を整える。
生徒の安全と健康
(保健厚生)
・学校内の環境美化
・校内の環境整備
・生徒の心身の健康
・週2回の一斉清掃と特別清掃を行い、校内美化活動を充実させる。
・大掃除ごとに安全点検を実施し、施設・設備・備品等の安全確保を図る。
・健康診断や健康観察を活用し、生徒の心身の健康状態を把握することで相談活動、保健指導に役立てる。
・清掃時間以外でも環境美化に取り組めるよう各生徒の意識を向上させる。
・安全点検表を利用し、修繕・補修が必要な場合は速やかに対応し、校内の環境整備を充実させる。
・健康観察や人権アンケートを充実させ、生徒の心身の健康状態を常に把握できる体制づくりをする。
部活動・学校行事の活性化
(生徒会)
・部活動の活性化
・行事の活性化
・決められた時間の中で、練習内容を工夫し計画的に練習ができるようにする。
・各行事の運営について執行部と連携を取り、スムーズな行事運営ができるようにする
・学習活動と部活動の両立を意識させる。
・部活動顧問と担任、各分掌間の連携を取り、情報を共有できるようにする。
・生徒の自主的活動を促し、充実感や達成感をもてるような生徒会行事の運営を行う。
図書館の利用推進と読書習慣の普及
(図書)
・図書館の利用推進と蔵書管理システムの確立
・図書委員会活動を生かした読書習慣の普及と涵養
・図書館の蔵書について、バーコードでの管理を推進し、貸出業務の利便性を高めるとともに、蔵書管理システムの構築を図る。
・図書委員会を生かした図書館の年間行事を実施し、読書習慣の普及と涵養を推進する。
・蔵書の整理を進め、書籍の電子データによる管理の完成を目指す。
・図書委員会(生徒)が主体となった企画の運営ができるよう配慮する。
研修研究の充実
(研修研究)
・国際理解教育の充実
・現職研修の充実
・大学等と連携をとりながら模擬授業や講演などを実施し、国際理解への意識の高揚を図る。
・公開授業週間を設け、授業参観等を通じて、教科指導力の向上を目指す。
・内容については、該当学年の意向を踏まえつつ、SGHアソシエイト校としてグローバル人材の育成につながるものとする。
・年に2回、1週間ずつの期間を設け、アクティブ・ラーニングを意識した授業を実践する機会とする。
学校関係者評価を実施する主な評価項目 進路指導 家庭学習時間が増加したか。
学習指導 アクティブ・ラーニングを意識した学習指導が行われていると答えた生徒が増加したか。
生徒指導 自転車の並進は減少したか。交通事故は減少したか。