学校行事に戻る
人権教室

平成29年12月11日(月)


全校生徒を興学館に集めて、人権教室を開催しました。
NHK Eテレの「ブレイクスルー」から、LGBTに関するものと
発達障害に関するものの2本を見て、みんなで人権について考えました。

「生きづらいなら変えちゃえば?」の感想

私は、自分の姿に満足することはたぶん一生ないなとずっと思っていました。
「なんで自分なんか生まれたのだろう」と思うことは何度もありました。
でも今日のVTRのトランスジェンダーの人をみて、自分の生きる意味や
勉強になることがたくさんありました。(1年女子)

普通って何だろうなって考えてしまいました。
いろいろな人の考えがあるからいいと思いました。
どんな見た目や格好をしていても、その人はその人だと思います。(4年女子)

自分を否定していると自分を好きになれないし、何も変わらないと思います。
今の自分は、こういう風なんだと認めて、どうなりたいかを決めてったら、
変われるように自分はなりました。(4年男子)




「胸を張って生きればいい」の感想


自分もそうだけど、誰かが自分の考えや言葉を受け入れてくれるだけで、
本当に救われる。自分も否定から入らず、まず話を聞いて、ちゃんと
受け入れたいと思った。(1年女子)

発達障害を障害としてでなく、それぞれの個性として受け入れて、家族が
サポートしていて、とても大変な反面素敵だと思いました (2年女子)

発達障害があっても、普通な人の普通に合わせるのではなく、個人個人で
得手不得手があって、それを伸ばしていくのがとても大切なことだと感じた。
自分にも人と違うところもあるし、それを別に直そうとか合わせようとか
全く思ってないから、その気持ちで別にいいと思った。(3年男子)


「生きづらいなら変えちゃえば?」
「胸を張って生きればいい」